WORKS

WORKS

せんだい3.11メモリアル交流館

Client仙台市

Launch2016

震災の記憶と経験を継承するための取り組みを、未来や世界へと繫いでいく

宮城県仙台市の東西線沿岸部終点「荒井駅」に宮城県で初めてとなる震災施設せんだい3.11メモリアル交流館がオープン。
記憶と経験を媒介に、コミュニケーションを通じて知恵と教訓を紡ぎ出し、未来へ、世界へとつないでいく拠点となるべく、施設の中で沿岸の状況を知ってもらうためのNFCとタブレットを連動させたコンテンツ「360°SPOT」を制作しました。

復興・復旧が進む沿岸部の「今」を伝える

津波により大きな被害を受けた仙台市東部沿岸地域に近い「東西線荒井駅」に、宮城県では初めてとなる、東日本大震災の情報を伝えるメモリアル施設「せんだい3.11メモリアル交流館」が完成。来場者に復興・復旧が進む今の沿岸部の状況を伝えたいという想いでコンテンツを制作しました。

360°カメラとドローンを駆使した撮影データをタブレットと連動

復興が進み、震災当時とは違う沿岸の状況を知ってもらうために、沿岸部を360°カメラのパノラマ静止画と、ドローンによる空からの映像を撮影し、そのデータをNFCとタブレットを連動させたコンテンツに反映。来場者に今の沿岸部の状況を伝えることが出来ました。

STAFF LIST

AWARDS