WORKS

WORKS

卸町段ボールプロジェクト

Client共同組合 仙台卸商センター

Launch2014

街の象徴である段ボールを使い、子どもたちの自由な発想で巨大ジオラマを完成!

東北の物流や流通の拠点となっている「卸町」。
2015年の地下鉄東西線開通に伴い、街に新しく駅ができることを記念して実施された町おこしとなるイベントアイデアコンペ大賞受賞から、実際にイベントを運営するまでのプロジェクトです。

地下鉄東西線開通と卸町駅誕生を記念し、 町おこしとなるイベントを実施する

宮城県仙台市の東部に位置する「卸町」。この街は卸売業に特化した商業団地として、東北の物流や流通の拠点となっています。2015年の地下鉄東西線開通に伴い、卸町に新たな駅が誕生することを記念して、卸町にあるイベント倉庫「ハトの家」では、町おこしとなるイベントアイデアコンペが実施されました。
コンペの審査基準は、以下の3つ。
1. 東北の復興および活性化につながるイベントであること
2. 既存のイベントの枠にとどまらず、ビジネス展開の可能性や、地域資源の活用を視野に入れた企画であること
3. 仙台市営地下鉄東西線の開通を視野に入れ、まちの賑わいを創出するアイデアであること

廃材段ボールを活用した、学びながら遊べるワークショップを開催

東北の物流、流通の拠点となっている町なので、「段ボール」を活用して地下鉄ができる未来の仙台市をジオラマで再現することを提案。また地元の幼稚園、小学生の子どもたちを呼んで、オリジナルの段ボールハウスを作るワークショップも実施しました。
物流や流通の拠点である卸町の象徴と言える段ボールを使用し、子どもたちが思い思いの段ボールハウスを作り、東西線の電車が走る未来の仙台市のジオラマを完成させるというアイデアは、イベントアイデアコンペの大賞を受賞し「卸町段ボールプロジェクト」として、5日間のアートクラフトイベントが開催されました。

STAFF LIST